月別アーカイブ: 2014年2月

Citizen-led innovation

1618638_835183616506796_307481335_n

とうとう週末は、福岡×コペンハーゲンで挑戦するCitizen-led innovationの第一歩。 

足を運んできたリサーチの数々を、映像と言葉でまとめあげるチーム、
グローバルメディアの第一歩を超アドホックに作るチーム、
デンマークのパートナー達も福岡入りして企業を巡り、
傍ら会場計画を立てて、同時通訳機の設定に手こずり、幾つもの会議が走って、
明日からは京都・大阪・東京からも人が集まる。
なんだかこの街に不思議なエネルギーが渦巻いてるきがする、のは、前からかw

どんな週末になるのかな。沢山の価値観が交錯しながら、
新しい取り組みが開けますように。
来てくださる皆様、一緒に考えて楽しみましょう。
来られない皆様、このあともいつでも茶々入れにきてください!
まずはプロトタイプを始めます。

「Citizen-led innovation 第1弾:障がいのある子どものバウンダリー(境界)をリデザインする」

FDC (福岡地域戦略推進協議会) http://www.fukuoka-dc.jpn.com/?p=7918


Lifemap:エイブル・アート2014

 1601310_817752201583271_1400739937_n

福岡を拠点にする工房まる主催の、障がいのある人々による
パフォーミングアーツ「Lifemap」だん。
幻聴役の人と、実際に幻聴が聞こえている人が二人組でその様子を演じたり、
幻想的なダンスパフォーマンスがあったり…すごい舞台でした。

アートパフォーマンスとして感動しただけじゃなく、
一言で表されている“障がい”がこんなに違うんだと改めて知ったステージでした。
会場のFACTORY UNVELASHUの、梁むきだしの雰囲気もよかった。

彼らはReadyfor?で、クラウドファウンディングにも挑戦中です。
https://readyfor.jp/projects/lifemap

来年も開催が決定したとか。ぜひ一年後にも見に来たい。