カテゴリー別アーカイブ: ローカルカルチャー

Tempelhof Airport

10368409_974446802580476_3581154955690058930_n

ベルリンの象徴的なプロジェクトの一つに、空港跡地Tempelhof Airportがあります。東側勢の象徴として作られた巨大な空港は、2003年の閉鎖後取り壊されず、芝生が広がる屋外は解放してキャンプやBBQエリアとして、建物は区切られエキシビジョンやオフィス、保育施設などとして使われています。街のすぐ近くに巨大な大草原が現れたような感覚だとか。ベルリンの人達にはかなり愛される空間に育っています。

この街には壁崩壊後のゴタゴタで沢山空きスペースがあるのですが、その使いこなしがうまい。都市の成長曲線は逆側だけど、空き空間が出てきた日本に活かせることが沢山ありそうです。(逆も然り)

現在International Design Festivalの会場になっている空港跡地のOpening Eventに行ってきました。数日いると実感する、この街のアートやデザインに関わる層の厚さ。ユニークなプロダクト・プロジェクトががらんどうになった飛行場跡に並べられていて面白い。内容も面白かった。

ベルリンを歩き回って、「スペースがある」ことのインパクトを痛感しています。場所があるから実験ができ、その自由さのために人が集まり、彼らによって新しい文化が生まれ続ける。街をつくる実感値を持ったセオリーが少しずつ蓄積していきます、感謝。

※先日も書きましたが、ベルリンのこの状況は急激な変化を迎えています。この空港跡地も先日のヨーロッパ選挙時にPrivateに売られそうになり、大議論になっています。

(画像2つはGoogle先生より拝借しました)

10329197_974446832580473_5720166274721421206_n

10411269_974446945913795_6330443706735625609_n


UBUSUNA

DSC_0323

すごい2日間を過ごしました。
長岡監督& Tom Vincent氏らによる「産土(うぶすな)」の、
イギリスDartington映画祭上映。
このドキュメントは、日本をこれから背負う人達にぜひ見て欲しい。

日本人にもなかなか触れられないような深い文化が、
ここDartingtonの人々に驚くほどに伝わり、
共感や笑いや驚き、議論を巻き起こすなんて。
有り難い瞬間に立ち会いました。

この2日間は、長岡さんTomさんあゆみちゃんと
日本の民俗学的オリジンやイギリスの歴史、これからの
日本の世代の在り方などをずっと話していました。
神山以来3年ぶりの再会と、イギリスでの出会いの不思議な巡り合わせ。
将来振り返ったときも、重要なタイミングになってくる予感…

産土のサイトはこちら。自主上映方式で広げていく予定とのことです。
興味を持たれた方は、コンタクトをぜひ。
http://nagaoka.ciao.jp/nagaoka/?page_id=21
http://saveourwoods.co.uk/articles/art/ubusuna-exploring-life-with-japans-forests/

今日は大好きな人達のいろんな大事なイベントが日本で行われていて、
日本に居れないことが少し歯がゆかったけれど、
思いきりギブするものを創っていくね。


ボギエラのスローフード理念

ニンニク

世界遺産に指定されているイタリア・ポー川流域に、ボギエラという小さな街があります。
ここはニンニクを始めとする農業で有名な場所。
貴重な建築が点在する世界遺産地域のなかで作物が作られながら、
農風景や文化が守られています。

見てください、この素敵なニンニク!笑
このボギエラのコムーネ(自治体)と、ここを拠点とする農作物の会社にインタビューに行ってきました。

なんだか、まさにイタリアのスローフードの理念を体現しているような場所。
かつて貧しかった土地で、農家と地元の農業会社が力を合わせて
質のいい作物を作り続け、貴重な建築を買い取って工場として
リノベーションすることで、景観を守ってきました。
その後、コムーネに所属する熱い男・ダンテさんが、
作物の価値をあげるべく認証制度登録に取り組み(価格も倍増)、
いまは作物の背景にあるストーリーを共有しようと、QRコードを使った情報コミュニケーションに取り組んでいます。
食はまさに文化と強く結びついていて、地元のお祭りでは、ニンニクを女性の髪飾りにするそう。

この土地を愛する人たちが、ゆっくりと、着実に農風景を守りながら
美味しいものを作り続けている。
そしてその背景を共有することで、食文化・土地ごとファンになる人を増やしていく。
まさにイタリアのスローフード理念を体現している地域、とても勉強になります。

きっと日本にも、お互い勉強しあえる地域がありそうだなあ。
何よりも、ここの作物が美味しい!ニンニクが“美しい”と思ったのは初めて。笑


野菜のかしこい買い方

2013-01-22 15.07.01

ちょっと訳あって、スーパーの量り売りの機械を調べています。
イタリアのスーパーはほぼ全てに野菜の量り売りシステムが導入されています。
おそらくヨーロッパ全土?今年住んだ南米各国にも。

このシステム、ご存知な方も多いと思うけども、
野菜の種類ごとに値段(○€/kg)が定められていて、必要な数だけ
量りに置いてボタンを押します。(トマト一つとっても、種類ごとに値段が違う)
出てきたバーコードを野菜(を入れた袋)に貼って、レジに持っていくもの。
パック詰めにしないから不揃いの野菜でも大丈夫。
みんな自分にあわせた大きさの野菜・果物を買っていきます。
とても性善説で作られたシステム。

必要量にあわせて買えるから日本の一人暮らし形態にはぴったり!
(イタリアで一人暮らしは珍しい。学生はほぼ漏れなくシェアハウス。)

日本にも導入されたらいいのにと何度も思います。なぜ導入されないのだろう…
積み上げてきたシステムを崩すのも大変だろうけど….

2013-01-22 15.07.29

イタリアに来てから、野菜・果物の美味しさと安さに驚喜して過ごしていたので、
日本の高額な野菜生活を乗り越えていけるか心配…!
農家さんと直送契約して暮らしていけたらと、いまから検討中です。
既にトライされているかた、ぜひ教えてください。

※ちなみにコチラの「タダヤサイドットコム」、
不揃いで出荷できなかった野菜を格安or無料で販売しているサービスとのこと!
要チェックです。
http://www.tadayasai.com/