タグ別アーカイブ: イノベーション

Citizen-led innovation

1618638_835183616506796_307481335_n

とうとう週末は、福岡×コペンハーゲンで挑戦するCitizen-led innovationの第一歩。 

足を運んできたリサーチの数々を、映像と言葉でまとめあげるチーム、
グローバルメディアの第一歩を超アドホックに作るチーム、
デンマークのパートナー達も福岡入りして企業を巡り、
傍ら会場計画を立てて、同時通訳機の設定に手こずり、幾つもの会議が走って、
明日からは京都・大阪・東京からも人が集まる。
なんだかこの街に不思議なエネルギーが渦巻いてるきがする、のは、前からかw

どんな週末になるのかな。沢山の価値観が交錯しながら、
新しい取り組みが開けますように。
来てくださる皆様、一緒に考えて楽しみましょう。
来られない皆様、このあともいつでも茶々入れにきてください!
まずはプロトタイプを始めます。

「Citizen-led innovation 第1弾:障がいのある子どものバウンダリー(境界)をリデザインする」

FDC (福岡地域戦略推進協議会) http://www.fukuoka-dc.jpn.com/?p=7918


Day2 : Cultures Based Innovation

写真 (40)

会話を重ねていて気になったこと。
この国で出会うひと、当たり前のように”innovation”の言葉を使う。
どんなマインドが横たわっているのか気になって聞いてみたところ、
「僕らは世界中のどこからも遠いからね。大抵のことは
自分たちでなんとかするしかなかったんだ。」と。

改めて今の居場所を地図で確認してみたら・・・ほんとにどの国からも遠い!!
彼らから見れば日本なんて大陸と陸続きみたいなもんだ。。
地理環境が大半のベースになっていることを考えると…これはとんでもないところにいる。

今日は朝から美しい海岸を散歩して、再び丁寧にバックグランドを共有して、
プレゼンテーション開始。土地の文化に深く触れる機会もありました。
そして、私のフィールドワークは、これまでずっと物事を生み出す前提で
取り組んでいたんだなと。
この土地のプランニングを前提にしないフィールドワークはどこか物足りない…
という自分の習性にも気がついたのでした。

留学中も多国籍で動いていたとはいえ、これまでの多くは30代までの人たちとの生活。
今回のように各国で色んなことを成してきた大人達に混ざるのは、
とても勉強になります。年齢の重ね方の多様性が広がるというか….。
半分は学者・教授、1/4は経営者、そしてアーティストなどが集まるなか、
日本の超若手も頑張って楽しみます。。


Day1 : Cultures Based Innovation

2013-08-04 22.53.51

ニュージーランドの伝統的な儀式で迎えられ、
挨拶は鼻をこすりつけるスタイルでした。呼吸をシェアするという意味があるそう。
鼻の低い日本人にはたいへん。笑

アジア、オセアニア、北米からのスピーカー達がそれぞれのバックグランドを紹介し、
丁寧な時間を過ごして就寝。
平均年齢40後半?かつこんな会議に呼ばれるだけあって、
みなさんの取り組みが図抜けている。
ありがたい機会に参加させていただきました。

写真は最初3日間メインで滞在する大学。かっこいい。

ところでなんとここ、日本よりも時間が進んでるんです。
極東日本をこえたの初めて!だいこうふん。笑


アフリカ│セネガルのイノベーション

DSC_0368

セネガルに来ています。
一日とは思えないセネガル初日が暮れました。
まずは最初に訪れたラボ、jokkolabs。ここへの訪問は衝撃的!
ローカルに根ざしたイノベーションを大切にするこのラボで出会ったのは、
セネガルのゴミ問題を解決するために、ゲーミフィケーションを活用した
プログラムで、ローカルから街を変えようとしている若者。
そしてカナダからhealth mission を解決するために訪れた人々。

その他多くの高いミッションを掲げて、アフリカの課題に意欲的に取り組む
魅力的なイノベーターに出会えました。

ここでの印象的なインタビューと、その後の濃密な一日を経て、
アフリカでイノベーションが起き続けている理由が、自分なりに、
すこーしずつ見えてきたきがします。

これからしばらく、ネットが繋がらない所に向かいます