タグ別アーカイブ: カフェ

カフェは地域コミュニティの中心地

Exif_JPEG_PICTURE

南米&モロッコからイタリアに戻って1週間。イタリアでカフェに行くと、すごくほっとする。
イタリアの街全体に広がる、“街がひとつの家族”感覚は、
街のあちこちで起きるコミュニケーションから生まれていると思う。
そのなかでも、“カフェ”が すごく重要な役割を担っている。

イタリアのカフェは、日本の“カフェ”とは大違い。
・基本立ち飲み。一杯飲んでお喋りしてサッと出ていく。
・至るところにある。どれくらいかというと、日本の自販機の間隔と同じくらい。(イメージ)
・“カフェ”を頼んで出てくるのはエスプレッソ。クイッと飲むもの。
・朝早くから夜まで営業
・初対面でも連れ立っていく社交の場でもある。連れタバコの感覚に似ている(吸わないけど)
 –日本のカフェは、親しい友人と深く話すために行く場所、という
 イメージが強い気がするから、全く違う。イタリアに来て、知り合ったばかりの
友人達に、「カフェ行く?」て言われたときは、
「なんで?どういうこと??」とびっくりした(懐かしい….)

Exif_JPEG_PICTURE(これはカプチーノ。)

イタリア人は、そんなカフェに一日何度も行く。
例えば、出勤前にさっとエスプレッソを一杯+甘いコルネット(クロワッサン)、
授業や仕事の合間の少し長い休み時間に連れ立って一杯、
ランチのあとにもう一杯…
これだけ頻繁に行く場所だから、誰もが“お気に入りのカフェ”を持っている。
カフェのオーナー達もそろって快活、お喋り上手。

家の近くや職場の近くのお気に入りのカフェに行くと、多くの人たちが顔見知り。
美味しいエスプレッソが飲めること、コルネットが美味しいことはとても重要。
そしてカフェのオーナーや、常連のご近所さんたちとのお喋りも大事な要素。
調子はどうだい、元気かい?これからどこ行くんだい?ていう、何気ない会話が繰り広げられる。

毎日の何気ない会話だけど、積み上げるとものすごい数の毎日を一緒に過ごしている。
その中心にあるカフェは、地域に根ざした強力なコミュニティのハブになっている。
おじいちゃんもおばあちゃんも、子どもから大人まで
ほんとうに沢山の世代が混じり合う場所。

きっと体験してもらうとわかるはず。とても豊かな時間が流れているのです。

Exif_JPEG_PICTURE

こういう場所、日本でいうと何に当たるんだろう。
毎日のように近所で多世代が自然に交流する場所、、、

こんな場所が1つの地域からでもつくれたら、生活の彩りがぐっと変わってくる気がするのです。

facebookページ;世界中の地域を旅して学ぶ留学記 -Sustainable City Design

 


たばこ祭

最近いろんなものが巡っているから、まとめておく。
取り急ぎ。

いち。
神奈川県秦野市に、沢山の友人達が住んでる。
地元愛あふれる友人たちが、ジモトで遊ぶ魅力を伝える試みをした、
秦野たばこ祭のなかでのイベント re:hadano standard
http://www.rehadano.com/

PR企画として、twitterで”ジモト”をテーマにした140字小説を集めたのです。
「ブンガクショー」、これにがっつり関わった。
http://rehadano.com/bungakushow/
期間中いろんなコミュニケートを試して、徐々に小説が届きだして、
応援してくれる人たちが現れて、昨日募集終了。

ふたをあけてみたら、日本各地から届いた小説に込められた想いに
ものすごく心揺さぶられた。。
いい想い出だけじゃない、生まれ育った場所だからこそ複雑なやるせない想い、
故郷を捨ててきたストーリー、大事な人と故郷をつくっていく話。

「ジモト」「故郷」に対する幾つもの気持ちが
140字の向こうから強く強く伝わってきて、
秦野にむかう小田急線のなか、ちょっと涙しそうになったんだ。

いまは 集まった全ての小説を冊子化、ポストカード化して、
大賞をパネル&全小説でモザイク画をつくっているところ。
明日明後日のたばこ祭で発表します。大賞はKindle♪(ほしい)
Web企画としてもすごく勉強になった。

お仕事の可能性がもうちょっと広げて見えた。体感てつよい。

もうひとつ。
学生時代につくったカフェ、02cafe。http://www.02cafe.jp/
今年に入ってから、ここを舞台にもちょっとずつ巡ってる。
一緒にカフェを立ち上げたメンバーが社会人3、4年目になって、
再びそれぞれの立場で、カフェを真ん中に繋がりはじめた。

10月1日〜、カナダ大使館とタイアップして、カナダフェアを実施します。
この話が出てきたのも、カフェの立ち上げをサポートしてくれたこ、
いまはD通に勤めている友人が相談してくれたのがきっかけ。
現役の頼もしいメンバーと、立ち上げ当時のメンバーたちで、
あの頃できなかった展開をカフェで考えられるようになってきた。
この場を通じて、早稲田の学生たちはちょっとした世の中との繋がりや
面白いきっかけを持ちはじめてくれるかもしれない。


あと2こっくらい同時並行でうごいてるんだけど、
今日はここまで。明日は朝イチ秦野だ!