タグ別アーカイブ: ニュージーランド

Cultures Based Innovation : Dancing / Singing

2013-08-09 00.28.19

世界最強ラグビーチーム、ニュージーランド代表のAll blacksをご存知でしょうか。
もしAll blacksを知らなくても、この踊りは知ってるかも?
これは彼らが試合前に、相手を威嚇するために行うパフォーマンス、ハカ。
この踊りは、ニュージーランドの先住民、マオリ族の踊り(ハカ)を由来にしています。

マオリの人々にとって、歌と踊りは生活の一部です。
て言葉で書いてしまうと単純なのですが、ほんとに様々な場面に織り込まれてきます。
ごはんのあと、ちょっとしたスピーチの時、間髪入れずに歌が入ります。
毎日沢山の歌と踊りを聴き、満面の笑顔を見ているうちに、
私達の体の中の音楽器官が刺激され、ほぐされていく感覚になりました。
これはなんというか、豊かな感覚でした。

ニュージーランドの自然と、植民国との統合・損失を受け入れ発展して来た歴史が、
彼らを明るく、やさしくしているような気がしました。
受け入れる懐が深く大きかったです。

シンポジウムの最後にFuture scenario planningを行ったのですが、
彼らに影響された私達は、Future scenarioのアウトプットを歌にしました。
こんな展開もなかなかない。笑

ブラジルに住んでいたときは、踊りがいつも身近にありました。
ブラジルの生活に浸かっていると、踊りがじわじわと血の中に入ってきて、
人が持つ本来的な、踊りを感じる器官を刺激して、
人間としてエネルギッシュになっていく感覚を得ていました。
ここで感じた歌も、それに近いものかもしれない。

私達はCulture Based Innovationのテーマで集まったけれど、
それと同時にNZ現地の振れ幅の大きい文化にさわり続けることで、
多くのことに気づかされました。

YouTube Preview Image

Day2 : Cultures Based Innovation

写真 (40)

会話を重ねていて気になったこと。
この国で出会うひと、当たり前のように”innovation”の言葉を使う。
どんなマインドが横たわっているのか気になって聞いてみたところ、
「僕らは世界中のどこからも遠いからね。大抵のことは
自分たちでなんとかするしかなかったんだ。」と。

改めて今の居場所を地図で確認してみたら・・・ほんとにどの国からも遠い!!
彼らから見れば日本なんて大陸と陸続きみたいなもんだ。。
地理環境が大半のベースになっていることを考えると…これはとんでもないところにいる。

今日は朝から美しい海岸を散歩して、再び丁寧にバックグランドを共有して、
プレゼンテーション開始。土地の文化に深く触れる機会もありました。
そして、私のフィールドワークは、これまでずっと物事を生み出す前提で
取り組んでいたんだなと。
この土地のプランニングを前提にしないフィールドワークはどこか物足りない…
という自分の習性にも気がついたのでした。

留学中も多国籍で動いていたとはいえ、これまでの多くは30代までの人たちとの生活。
今回のように各国で色んなことを成してきた大人達に混ざるのは、
とても勉強になります。年齢の重ね方の多様性が広がるというか….。
半分は学者・教授、1/4は経営者、そしてアーティストなどが集まるなか、
日本の超若手も頑張って楽しみます。。


Day1 : Cultures Based Innovation

2013-08-04 22.53.51

ニュージーランドの伝統的な儀式で迎えられ、
挨拶は鼻をこすりつけるスタイルでした。呼吸をシェアするという意味があるそう。
鼻の低い日本人にはたいへん。笑

アジア、オセアニア、北米からのスピーカー達がそれぞれのバックグランドを紹介し、
丁寧な時間を過ごして就寝。
平均年齢40後半?かつこんな会議に呼ばれるだけあって、
みなさんの取り組みが図抜けている。
ありがたい機会に参加させていただきました。

写真は最初3日間メインで滞在する大学。かっこいい。

ところでなんとここ、日本よりも時間が進んでるんです。
極東日本をこえたの初めて!だいこうふん。笑