タグ別アーカイブ: 農業

EUのアグリツーリズモ・テリトリーシステムのパイオニア①

DSC_0228

現在、イタリアにて、アグリツーリズモ・ローカルデザイン研修に参加しています。
毎日ロマーニャ地方の素晴らしい事業に出会い、学びを重ねているのですが、まずは彼を紹介せねばなりません。

私が宿泊しているのは、ヨーロッパでアグリツーリズモの概念を作ったパイオニア、ファッジョーリ農場。EUのモデルとされ、1985年に制定された法案の起草者でもあるヨーロッパでも有名な農場です。
現在では世界各国に講演に赴くオーナー・ファウスト氏。イタリア起点で世界に広がったアグリツーリズモは、彼らが作っていったといっても過言ではありません。

この農場は、ブーツの形をしたイタリアのふくらはぎ上部辺りに位置するエミリアロマーニャ州の、フォルリ=チェゼーナ県フォルリンポポリ(音が可愛い..笑)というコムーネの郊外にあります。
エミリアロマーニャ州は、肥沃な平野が広がる農産業地域としても有名で、パルマハムやパルメザンチーズ、バルサミコ酢など多くの世界的ブランドを作り出す地域です。工業、漁業も盛んで、一般的に「裕福な地域」というイメージがもたれています。
ちなみに私が暮らすフェラーラも、エミリアロマーニャ州に位置しています。

ファッジョーリ農場のオーナー、ファウスト氏は、このロマーニャ地方の大きめの街ラヴェンナの郊外で生まれ、10歳まで自然豊かな場所で育ちました。


ボギエラのスローフード理念

ニンニク

世界遺産に指定されているイタリア・ポー川流域に、ボギエラという小さな街があります。
ここはニンニクを始めとする農業で有名な場所。
貴重な建築が点在する世界遺産地域のなかで作物が作られながら、
農風景や文化が守られています。

見てください、この素敵なニンニク!笑
このボギエラのコムーネ(自治体)と、ここを拠点とする農作物の会社にインタビューに行ってきました。

なんだか、まさにイタリアのスローフードの理念を体現しているような場所。
かつて貧しかった土地で、農家と地元の農業会社が力を合わせて
質のいい作物を作り続け、貴重な建築を買い取って工場として
リノベーションすることで、景観を守ってきました。
その後、コムーネに所属する熱い男・ダンテさんが、
作物の価値をあげるべく認証制度登録に取り組み(価格も倍増)、
いまは作物の背景にあるストーリーを共有しようと、QRコードを使った情報コミュニケーションに取り組んでいます。
食はまさに文化と強く結びついていて、地元のお祭りでは、ニンニクを女性の髪飾りにするそう。

この土地を愛する人たちが、ゆっくりと、着実に農風景を守りながら
美味しいものを作り続けている。
そしてその背景を共有することで、食文化・土地ごとファンになる人を増やしていく。
まさにイタリアのスローフード理念を体現している地域、とても勉強になります。

きっと日本にも、お互い勉強しあえる地域がありそうだなあ。
何よりも、ここの作物が美味しい!ニンニクが“美しい”と思ったのは初めて。笑


東京あとつぎ息子会議

東京あとつぎ息子会議、第1回 開催してきました!

これはね、すごく面白かった。
昨日だけでも面白かったけど、まだ見えてない可能性や意味がもっと出てくる予感がしてる。

(ちょっと今回文章の校正ができてないけど、あげちゃいます)

発端は、友人達にあとつぎ息子・娘が多かったこと。
家業の後を継ごうか継ぐまいか、継ぐならば何か自分の代ならではの
取り組みができないか…て、悶々と悩んでいたのをずっと見てきた。

東京という場だからこそ、修行の意味もこめて、
いろんな地方から出てきた後継ぎ達が沢山いる。
そんな同年代たちが、普通のサラリーマンには共有しがたい考えや悩みをシェアしてみたら
思いもしない反応が起きるかもね、
ということと、
その地を担う後継ぎたちが連携して、物事を面白く動かせるかもよ
ていうのがこの会の主旨です。
修行の場としての東京だからこそ、顔つきあわせる場ができるってもんです。

地方の街の動きに入るたびに思うのは、
その地で家業をしている人たちが、街に与える影響の大きさ。
彼らをつなぐことで、よりクリエイティブになことが動かせる
お手伝いが出来ればと思っています。


で、結果、集まったのは、
米屋、水産業、築地の鰹節問屋、みかん農業、旅館、建築事務所、瓦屋、鉄工所、不動産。
お坊さんのあとつぎも。
昨日来れなかった人でいうと、
家具屋、山小屋の娘、旅館の娘、海苔屋、能楽師、、、

もー色んな業種の20代中盤〜30代前半の後継ぎたち!
そして大抵が、東京で家業と違う職業に就いている。今は。

それぞれの家業の話がすごく興味深かった。
鉄工所でどのように部材がつくられているか、どんな風に仕事を請け負うか、
老舗鰹節屋の中国への展開、沖縄で栽培したもずくを全国に卸す工程と異業種への働きかけ・・・

すでに独自の展開を仕掛けている人も、家業に関わろうかどうしようか悶々としてる人もいた。
飲み会の場でわいわい話しながら、
互いの家業のアドバイスなんかも飛び出してた。
それぞれの切り口がもう、ほんとに面白かった。

この会を開く前から考えていたことのひとつに、
小さい頃から家業を意識して、地域社会の縦横の中で生きてきた後継ぎたちは、
なにかものすごいバランス感覚を持ってるのでは、ということがあった。
で、蓋をあけてみたら、やっぱりそうだった。
彼らが集まることで、確実に面白いコトが生まれると思う。

もうひとつ、家業と後継ぎまわりに内包されている問題が
すごく沢山あることに気づいた。
産業のグローバル化と内需への対応、家族の再生、
斜陽産業の次なる展開、地域社会の活性やしがらみ・・・
当たり前かもしれないけど、日本を支える大部分は中小企業で、その一端を担う彼らの周りには
日本の問題の縮図がうずまいてるのだ。

次なる展開は、
「東京あとつぎ息子会議 オトナの社会科見学ツアー」
〜あとつぎ達の家業案内 築地編〜

それぞれの家業の現場を社会科見学します♪工場の中身、工芸現場も見に行くよ。
そして最後に”おせっかいディスカッション”と称して
アドバイス大会感想大会をします。

その中身を実行するか否かは後継ぎ者に任せるよ、と。
でも色んな視点が入ることはとっても貴重なこと。

のちのちはお客さんを一般公募して、家業や店の認知にも繋げたいなと思ってます。
ウェブコンテンツとしても公開していく予定。

一人では勇気を持てなかったこと、考えきれなかったことも、
この人たちが連携することで、沢山の刺激と勇気と
アイディアが生まれて、必ず面白い方向に向かうと確信した会でした。


ちなみに昨日の開催場所は3331、千代田区の廃校になった中学校をリノベーションして
アートセンター&ラボラトリーにしたような場所。http://www.3331.jp/

いつもお世話になってます。


漁と農と立ちどまり。

ほんとは今ごろイタリアだったのだけど、日本にいる。

週末、若狭を巡る旅に出かけた。
これはその一枚。
沢山のじんわりしたいい出来事があったのだけど、
この写真は朝4時起きで大敷網漁船に乗せてもらったときのもの。

授業で習うとき、農業と漁業ってなんだかいっしょくたに紹介されるけど、
漁を目の当たりにして、全然、全然違うってことがわかった。
衝撃のできごと。

特に大敷網漁だからかもしれない。
魚が入り込んでしまうように仕掛けられた網のまわりを
船3隻に乗り込んだ3〜40人の男達が囲い込み、
一気に魚を追い込んで引き上げる。
威勢のいいかけ声と笑い声、勢いと完璧なチームワーク。
これはもう祭だなと思った。
博打的な要素もある。当たり前だけど、漁って
狩猟民族の生業だってことがものすごく腑に落ちた。がってん。
農業と漁業の見方を変えることにした。

この旅は、日本中から農業を学ぶ若者達が研修にきている
農楽舎(2年泊まり込むらしい)に泊めていただいた。
私たちも5月の田植えにむけて種モミの準備をして、
じゃがいも畑をお世話してきた。

この春の山の、若葉のもえぎ色と山桜のピンクが淡く混ざるかんじが
もうほんとうに綺麗で、ため息。

気比の松原のコントラストも美しかったのです。
地元のおばちゃんたちが郷土料理をふるまってくれて、
集落と呼ばれるところのなかにどっぷり漬かって、
集落の成り立ちが少しだけ見えた気がする。

そして今。
ほんとうはイタリアにいるところ、いま日本。

イタリア行きの前夜、夜中。フロアで1人仕事をしていたら、
祖父の訃報が入った。

このあいだ調子を崩したときいて、若狭の旅を切り上げて
おじいちゃんに会いに行っていた。だいぶん元気になっていて、
笑顔で話せて、ああよかったとおもって、帰ってきた矢先。

じつは今回のイタリアの旅ではいろんなアレンジメントを頼んであり、
準備も進めていて、自分にとっては大きな意味のある旅になる予定だった。

けれど祖父の訃報をきっかけに、方向感覚を失った。
身近な人がいなくなることに勝るものはない。
夜中の会社でひとり、とてもさみしかった。

生きていくなかで、一番だいじにだいじにしたいもの、ほしいものって
なんなんだろうって、ぼーっと思いながら、タクシーで帰った。
たぶん答えはじんわり見えていて、
そうすると、今のあたしの立つ場所とか、挑戦するものは、
少なくともいまは見失ってしまった気がしている。

きっと消化しきれないときに、書くんだと思う。
だからこういう場は、すごく上下に感情がぶれたときを
映す形になっちゃうのだけど。

ちゃんと書いておいて、また考えようとおもう。


小布施のこと

小布施で毎月ゾロメの日に開催される、小布施ッションに行ってきた。
http://www.obusession.com/

まちづくりを着実に積み上げてきた小布施。
酒造からホテルまで手がける市村さん、アメリカから移り住んだセーラを中心に、何十年もかけてきた。

RIMG7968

毎月、酒蔵の屋根裏でゲストを呼んでセッションが開かれる。
今回は、有名な実業家兄弟の弟、藤巻幸夫氏。http://www.fujimaki-japan.com/

第一印象、すーごい普通のおっちゃんだった。なんて親しみやすい!
この人の話に、東京から向かったあたしたちは、ものすごく動かされることになる。

セッションのあと、全国から集まった人々とおいしい小布施のごはん・お酒をたんまりいただいて、藤巻さんを囲んで4時まで飲んだ。
宿を決めずにいったあたしたちは、厚かましくも社長に頼み込んで、ご厚意で
職人さんが泊まり込む酒蔵の部屋に泊めてもらった。

RIMG7991

一緒に行ったのは、大学時代にやりたいほーだいやって、社会人1〜3年めになった友人たち。一人は最近リストラされたこ。

小布施で出会った大人たちが、ものすごく元気だった。
藤巻さんはじめ、プレスの先人のおばさま、長野で建築家として活躍している人、地元の鉄をつかうアーティスト。
地元の人たちは、小布施を愛して町をじっくりくりあげていた。若い人が沢山いた。

キラキラがむしゃらな大人たちをみて、自分たちが
いつの間にか殻をかぶってたことに気づいた。もの凄く気づいた。

RIMG8054

次の日は、農家の越さんのおうちにお邪魔した。
りんごの収穫前のお仕事を手伝う。

RIMG8082
犬の散歩した。山がちかい!

畑でとれたてのりんご、なし、ぶどう。レタス、手作りのドレッシング、本場おやき。おつけものに煮物、お豆やなすの料理。
たくさんおいしいものをいただいた。

夜は、小布施で出会った友人たちも一緒に、遅くまではなしこんだ。
リストラされた友人のゆくすえ、今回であった大人たちの魅力、
いつのまにか重くなっていた自分たち。お互いのバックグラウンド。

週末に出会った大人たちは、視座が広く、
人の縁や輪をとても大切にしてた。
物をとてもはっきり言った。ちゃんとおこられたしほめられた。
まだまだやりたいことあるんだ!夢があるんだ!って公言してた。
とても楽しそうに生きてた。情感豊かな人ばかりだった。

RIMG8114

最近あたし、だめだった。気持ちが動かなくて、一生懸命になれなくて、
やりすごすことができてしまってた。
こういうのがいちばんつらい。気持ち悪くてつらかった。
でも、この週末で、体の底から力をもらった。

一緒に行った仲間たちと、都度都度、語らえたのがありがたかった。

先人に学ぶことは多い。仲間たちには勇気づけられる。

帰ってから、小布施で出会った建築家とメールをしていた。

『もうひとつ、僕があなたの年代だった頃を思うとき、「もっと無茶
苦茶やっときゃよかったなぁ」とやっぱり思ってしまう。
だから今は「今日」にこだわりたい。振り返ったときに後悔しないよ
うにね。
長い眼で見た将来を考えることも決して無駄ではないけれ
ど、若いウチは今日を完全燃焼するをまず考えることが大切、と思います。』

ずっしりきた。