カテゴリー別アーカイブ: 都市計画

タイムバンキングを500m地域で

DSC_0284

週末参加した、ボローニャの参加型地域デザイン グループのその後。
2日間の住民とのワークショップの結果、2つのプロジェクトが決まりました。

•“Banca del tempo locale e semplificata” (タイムバンキング)
•“riciclare donando” (リサイクルエクスチェンジ)

このグループ、ちょっとユニークで、一つのストリートを中心に活動しているのです。
ヨーロッパの全ての道に名前があることは有名だけど、その道の1つ、
500メートル程のストリート沿いに住むネイバーフッドを中心に
活動している団体です。
(同じく南米も道に名前がついている。アメリカもそのはず。他のエリアはどうだろうー。
日本の住所の付け方は、都市計画界でもよくネタとして紹介されます)。

このエリアに住んでいる若者が、住民を巻き込んで活動開始して早5年。
さすが場数を踏んでいる住民達、数時間でここまで能動的に物事が決まるとは。

このプロジェクトの一つ、「タイムバンキング」のコンセプトを知らなくて、調べてみた。
ら、ちょっと面白かったので紹介します。
起こりは1980年代のアメリカ。端的にいうと、時間を交換してコミュニティを育むもの。
ヨーロッパでも各地に広がっており、日本でも幾つか事例があるようです。(詳説は文末)

DSC_0295

何がナイスだと思ったか。
物物交換のシステムは、地域活性でよく聞く手段。だけどここを“タイム”とするのが、
改めて今の時代に添うスタイルなんじゃないかと思った。

イタリアに暮らして感銘を受けたのが、各街に横たわる、この繋がりの深いコミュニティ感。
街と人、人と人の繋がりが圧倒的に強い。(都会と地方の差こそあれ、平均的にもやはり強い)
この強い要因の一つが、“時間を共有する”感覚/優先順位の高さだと思う。
親しい人たちとホームパーティーで食事をゆっくりとって、
行きつけのカフェに通い続け、近所の人たちと頻繁に挨拶を交わして、
一つの街の空間(広場)を共有して、共に時間をすごす。(※広場 だいじ。大テーマです。)
今の社会は、時間と場所を超えて、個人で効率的に動けるように創られてきているけれど、
じつは無駄ととらえられていた“時間の共有”、“共に過ごす感覚”が
ここまで人を街に/住民同士に近づけているんじゃないかなあと、
イタリアの街の蓄積された結果を見て思っていたのです。
そしていま日本でも、改めてこの“時間の共有”に注意が向き始めていることを感じる。

それが小さな500メートルほどのエリアで集中的に実施される。
この“時間”を前提にした取り組みは、物物交換とは
ちょっと違う結果になってくるんじゃないかなと。

欲張って言うなら、タイムバンクのような取り組みだけじゃなく、
物理的・社会的なデザインで、時間の共有をさりげなく仕掛けていけたらいいなと
妄想を始めました。

そんなわけでまず、ボローニャで始まる取り組みに注目して行きたいと思います。

 

–*タイムバンキングについて

タイムバンキングは1980年代にアメリカで始まった取り組みで、ヨーロッパでも数々事例がある。
イギリスの地域の事例だと、こんなかんじ。
 ・地域にタイムセンターという場所を設けて、ホームベースとする
 (コミュニティの人がオープンに立ち寄れる)
 ・タイムブローカーと呼ばれる人がマネージメントする(名前がかっこいい!笑)
   └登録者の特技・今後やりたいことなどなどを把握する
 ・住民の希望に添って時間を交換する。管理の仕方は数パターン(後述) 
 ・1時間活動すると、1クレジット発行される
 ・参加者全員の合計タイムクレジットが一定に達したらみんなでイベントを開催するなど、
    タイムクレジットの使用を共有化する仕掛けも工夫しているそう。

この取り組みは、2008年英国都市再生協会(BURA) コミュニティ再生大賞を受賞するなど内外の評価も高いとか。日本でも、主に高齢者介護のボランティアとして使われてきた方法(時間預託、という言葉が使われていたそう)

ちなみにこの取り組み、地域経営コンサルタントの原啓介さんが、
福岡県八女市上陽町で社会実験をする前の考察と、実施後のレポートがウェブ上で発見できる。
これはありがたい〜〜
イギリスやアメリカの事例も見れます。

・社会実験前:
http://foopdedoo.net/hara-ksk/2010/09/post-255.html
・社会実験後:
http://www.mlit.go.jp/common/000140757.pdf


カフェは地域コミュニティの中心地

Exif_JPEG_PICTURE

南米&モロッコからイタリアに戻って1週間。イタリアでカフェに行くと、すごくほっとする。
イタリアの街全体に広がる、“街がひとつの家族”感覚は、
街のあちこちで起きるコミュニケーションから生まれていると思う。
そのなかでも、“カフェ”が すごく重要な役割を担っている。

イタリアのカフェは、日本の“カフェ”とは大違い。
・基本立ち飲み。一杯飲んでお喋りしてサッと出ていく。
・至るところにある。どれくらいかというと、日本の自販機の間隔と同じくらい。(イメージ)
・“カフェ”を頼んで出てくるのはエスプレッソ。クイッと飲むもの。
・朝早くから夜まで営業
・初対面でも連れ立っていく社交の場でもある。連れタバコの感覚に似ている(吸わないけど)
 –日本のカフェは、親しい友人と深く話すために行く場所、という
 イメージが強い気がするから、全く違う。イタリアに来て、知り合ったばかりの
友人達に、「カフェ行く?」て言われたときは、
「なんで?どういうこと??」とびっくりした(懐かしい….)

Exif_JPEG_PICTURE(これはカプチーノ。)

イタリア人は、そんなカフェに一日何度も行く。
例えば、出勤前にさっとエスプレッソを一杯+甘いコルネット(クロワッサン)、
授業や仕事の合間の少し長い休み時間に連れ立って一杯、
ランチのあとにもう一杯…
これだけ頻繁に行く場所だから、誰もが“お気に入りのカフェ”を持っている。
カフェのオーナー達もそろって快活、お喋り上手。

家の近くや職場の近くのお気に入りのカフェに行くと、多くの人たちが顔見知り。
美味しいエスプレッソが飲めること、コルネットが美味しいことはとても重要。
そしてカフェのオーナーや、常連のご近所さんたちとのお喋りも大事な要素。
調子はどうだい、元気かい?これからどこ行くんだい?ていう、何気ない会話が繰り広げられる。

毎日の何気ない会話だけど、積み上げるとものすごい数の毎日を一緒に過ごしている。
その中心にあるカフェは、地域に根ざした強力なコミュニティのハブになっている。
おじいちゃんもおばあちゃんも、子どもから大人まで
ほんとうに沢山の世代が混じり合う場所。

きっと体験してもらうとわかるはず。とても豊かな時間が流れているのです。

Exif_JPEG_PICTURE

こういう場所、日本でいうと何に当たるんだろう。
毎日のように近所で多世代が自然に交流する場所、、、

こんな場所が1つの地域からでもつくれたら、生活の彩りがぐっと変わってくる気がするのです。

facebookページ;世界中の地域を旅して学ぶ留学記 -Sustainable City Design

 


Shared Experience – 共有体験

Ferrara4

-What is sustainable city?
-What is the future vision for Japanese local?
-How can we make innovative action culture in local?

この留学期間は、信じられない幅の経験の連続でした。
世界各地の都市を訪れ、新鮮な暮らしや街のあり方を知ったり、
各地のプロジェクトで日本と共通する課題を発見したり。
とてもユニークな取り組み・イノベーティブな活動に出会うことも度々あります。

そして、この発見した出来事は、日本で地域づくりに取り組むみなさんからは
どのように映るのだろう?と考えることが度々ありました。

この経験を、同じテーマに興味があるみなさんと少しずつでもシェアし、
日本で(もしくは世界の別の場所で)動くみなさんとゆるやかに対話しながら
考えを深めていけたら、
そして一人ではなく、多くの視点やアイディアから、

-サステナブルな都市とは?
-日本の地域の未来像とは?
-イノベーティブな行動が起き続ける場所をつくるには?

というテーマを考えていけたらと思い、
Facebookページを作ってみることにしました。
世界中の地域を旅して学ぶ留学記 -Sustainable City Design
公開設定前なので、数日後にアクセスできるようになるはずです。

海外で見てきた機会を、自分だけでなく、多くの共有体験にできたらと思っています。

等身大でゆるゆると共有していけたらと思いますので
よろしければぜひおつきあいください!

※2012年3月〜
イタリアでの専門レクチャー
ヨーロッパ・南米(チリ・ブラジル)各国ローカルでの地域デザイン実践プロジェクト
ブラジル州政府インターン
イタリアでのプロジェクト ←今ココ
ベトナム
・・・・vediamo.

【留学中訪れた/プロジェクトを実施した国/街】
▼イタリア:
フェラーラ、ベネチア、ミラノ、ベローナ、チンクエテッレ、ジェノバ、ブラ、アルバ、マテーラ、アルベロベッロ、ナポリ、アマルフィ、ポンペイ、バリ
▼スペイン:バルセロナ
▼イギリス:ロンドン
▼フィンランド:ヘルシンキ、ヴォルケアコスキ
▼チリ:サンティアゴ、プコン、ビヤリカ
▼アルゼンチン:メンドーサ、コルドバ、ポルトイグアス
▼ペルー:クスコ、アグアカリエンテ
▼ブラジル:
アントニーナ、クリチバ、サンパウロ、リオデジャネイロ、サルバドール、ブラジリア、フォスドイグアス、モヘテス
▼スペイン:マドリード
▼モロッコ:フェズ、マラケシュ、メルズーガ
▼イタリア:
オルビエート、フェラーラ ←今ココ


ブラジル州政府でインターン


ニーマイヤー展覧会ともいえる地区の国会議事堂。と、私のコラボ。
2012年いっぱいはブラジルの州政府でインターンすることになりました!
人生何が起こるかわからない。
国連のsustainable city allianceに関するプロジェクト、に参加する予定です。
せっかくいただいたチャンス、しっかり頑張りたいと思います。

そんなわけでもうしばらくブラジルに居ます。あそびにきてね〜!^^

I collaborated with the Houses of Parliament which made by Oscar Niemeyer. By the way, I will participate the internship with States Government in Brazil about sustainable city. So, I will stay here a little more! Please let me know if someone will come to Brazil 🙂


南米 vs イタリア vs 日本

土日なく、時にはランチディナーなくプロジェクトを作る日々。
何をしてるかというと、複合的な課題分析のメソッドにトライし、
ある地域の経済・社会・都市デザイン的課題に取り組んでいます。
そして最後には、この一ヶ月の成果を
行政・大学・様々なアソシエーションに対し提案します。

南米、欧州、日本各文化を背負った人々が議論するから、
議論スタイル、一つの言葉の各国での意味、”良い”とするものの前提から全然違う!
価値観対決も時々起きる。
チリの法律や政治、商習慣の成熟具合も相まって、
時々時代をスリップしたような感覚も味わっています。

ほんとに、毎日夜には頭から煙が吹き出しそう。
けど、この社会構造に食い込むディープな異文化体験は貴重。
へこたれそうな時もあるけど食いついていかなきゃ〜〜・・


イギリスのソーシャルファイナンスで気づいたこと

初英国、初ロンドン。
ロンドンで、ソーシャルファイナンスについて興味深い事例を知りました。
そしてそれを入り口にして、国の考え方の違いに気づかされました。走り書き。

ロンドンにしては気持ちのいいお天気のもとLondon Fieldsの近くを歩いていたら、
都市農園のようなとってもかわいい場所に出会いました。
沢山の動物がいて、畑があり、そこで採れた野菜が食べれるレストランを併設されている、
地域で運営されている都市農園。
平日19時過ぎだけど、屋外レストランは仕事を終えた人たちでにぎわっていました。
(クオリティオブライフが高い!)

そこで見つけたこのロゴ。
これは、イギリスの国営宝くじと、その資金を運営する会社のロゴとのこと。
1994年に国営宝くじが復活したときに、
宝くじ会社と、その収益を社会貢献活動に使うための組織がセットで作られ、
イギリスの大きなソーシャルファイナンスの元になっているとのこと。
こちらでソーシャルイノベーションの研究をしていた方に
少しお話を聞かせていただきつつ、少し調べてみました。
参考URLを後ほど追記します。

イギリスは社会貢献活動・社会的企業などの考え方も先進的な国。
そして”ロンドンは未公開株式投資の先導者であったように、社会投資という新たなアセットクラスの運用でも先駆者。”(引用)であるとのこと。

 

イギリス人は宝くじが大好き、という話はきいた事があるけれど、
この国の豊かな社会的活動は、国の方針によって宝くじと組み合わせた財源が大きく貢献して循環しているという、ひとつのエコシステムが出来ていました。
これはイギリスの社会的活動団体にとって、重要な変化だったとのこと。
(Lotteryについても理解が浅い部分が大いにあると思う。ぜひご指摘ください)

 

ここ数日、ロンドンのメンタリティに少しずつ触れ、そしてこの国の
社会概念の特徴に驚きつづけています。

まだ言葉にできないけれど、少なくともいまの日本では実現が難しいことが
普通の顔でうごいている。

そして、この国の、「新しい概念を作って、広める」ことの上手さ。
そうせざるを得ない気候・宗教・産業的背景があったことも想像できつつ、
これが世界の実権を握ってきた国かと・・・

まだまだファーストインプレッションばかりだし、
宝くじについても調べてみると他国でも事例があるのだけど、、
一旦ポスト。
もう少しこの国のことが知りたい。今必要としていることで、
ここから学んで応用できることが多くありそうだと、じんじん感じています。

日本を知って、イタリアで触れ幅の大きい生活をして、
同じヨーロッパ圏の他の国に来てみて、
まさに「国の違い」を痛感しています。

アイディアを収集して、捏ねて、
形にしていきたいっ

(宝くじの収益は、5つほどの柱の使途に分けられている。
ミレニアム、ヘリテージ、アート、スポーツ、チャリティー→コミュニティ)

 


広場は街の劇場空間

日本で建築を勉強している頃から、
「ヨーロッパの街は広場と教会を中心に成り立っています」
ということはよく聞いていたけど、いまいちイメージが湧かなかった。
設計課題で広場を作ろうとしても、日常的に広場を活用するイメージなんて思い浮かばない。
でもイタリアに来て、おなかの底から分かったきがする。
広場は「街の劇場空間」なのだ。

イタリアのほんとうにユニークな、基本的な前提知識は、
街のひとがとにかく広場に集まること。
実家やシェアハウスのリビングに皆の様子を見にいくかのように、
「今日の街はどんなかんじだろう?」って街の広場に顔を出しにくる。
それを見てるだけでも楽しいけど、イタリア人は広場を自由に活用して
さらに違う表情を見せてくれるのがおもしろい。


今日は、エミリアロマーニャ州の街が一同に会して、
ツーリズムフェスをやってた。
各街が競って街自慢するブースたち。
こういうのって普通は室内会場でやるけど、外でやっちゃうのがイタリア流。

….なんだかおじさんばっかり映っちゃった。


ついでに。
イタリアのユニークポイントもうひとつ。
リタイア後のおじさまたちが、一日じゅう街のあちこちで
輪っかをつくっておしゃべりしてる。

おばさまの井戸端会議ならぬ、おじさま井戸端会議。
こんな輪っかがあったら、モーレツサラリーマン日本人の老後も安心なのにね。


先日はミッレミリアという、古いレーシングカーでイタリアを
縦断するレースがあった。 http://www.1000miglia.eu/
そのとき広場は、アンティークカーの展示会場に早変わり。
ちなみにこのアンティークカーレース、圧巻。
紅の豚の世界に迷い込んだのかと思った。
一行は夜中の12時すぎにフェラーラに到着したのだけど、
街をあげて大歓迎、見学客で大混雑。


これは夜の風景。
若者達がたむろってる。基本的に立ってる。
今思うと、さっき紹介したおじさま井戸端会議は、
この若者達がそのまま大人になった風景なんだね。

友人と会うために広場に行き、
展示会場やマーケットの代わりに広場で催しが開催され、
バーやカフェに行く代わりに広場で時間を過ごす。
街じゅうのひとの経験と時間の共有の場が、広場なのです。
沢山の人生がここで演じられていて、とても面白い。

広場で過ごす感覚は、ソーシャルメディアで友人達と繋がっている感覚に近い。
広場はSNSが始まる前から、その機能を果たしていたんだと思う。

もう一つ、ヨーロッパにおける広場の位置づけを顕著に表しているのが、
先日のフランス大統領選後、バスティーユ広場に集まった市民達の光景。
別の方の言葉を借りると、まさに「公共空間が人々の手に取り戻されている」

こういう場所が、日本につくれたらって思うのです。


International Workshop #3 day

国際ワークショップ3日目。
当たり前だけど全員母国語が違う。
言葉で完璧なコミュニケーションが取れない前提があると、
その状態でどうやっていいアウトプットをしようかと考える。
いろいろ工夫しようとがんばる。

自分の(日本人として、も意識しながら)役割を
考えて動くのが面白い。
昨日はチームメイトにオーガナイズを褒められたので、よしっ。
色んなカルチャーがミックスされて、
国民性ってほんとにあるんだな〜〜って実感します。

4~5カ国混合チームで分析と提案、フィールドワークを続けます。
沢山の仲間達に出会えて嬉しい、今日もがんばるのです。


International Workshopスタート!

ドイツとスペインの大学院、そしてベネチアの学生も混ざって
国際ワークショップスタート!
イタリアの地震の影響で沢山の歴史的建造物が使えなくなってるから、
急遽ホステルにて。
この美しい街を紹介できなくて残念だけど、
早速深夜までオステリアでわいわい語りあってきた。
最近エジプトとかアルバニアとか、初めて出会う国の友人ができて、
カルチャーの違いを沢山発見してとても面白い。
明日から本格ディスカッション!


バルセロナの都市構造

Barcelona:
帰還!バルセロナの都市構造の秀逸さにおどろいた旅でした。
カタルーニャ人の都市づくりに対するメンタリティや、
ソフトとハード整備の絶妙な計画をお聞きできて、
しかも素晴らしい建築やアートを山盛り見れて、しあわせ。
でもこの街の一番の財産は、この素晴らしい太陽と、海と山が近い
表情豊かな地域性、それらから生み出される開放的な人間性。
生きる満足度をこんなにも満たすのかと。

自然条件だけでなく、あれだけ強いメッセージ性のある場所が幾つもあったら、
スペインが傾こうともバルセロナだけは生き残る気がした。
またじっくり調べに行きたい。

バルセロナ市で都市計画に携わっていた方と建築家の方のお話は、もう、
興味深くて頭が鍛えられて、大変な刺激をいただきました。
ICT、経営、デザインを超えてつながる視野。
今回も素晴らしいたくさんの出会いに、ほんとに感謝♡